コブラウジング:画面共有の最適な方法

「画面を共有できますか?」

「私の画面が見えますか?」

過去2年間、またはそれ以上の期間、ビジネスシーンで、次のフレーズのいずれかを聞いたことがあると思います。私たちの世界がデジタルシフトする中、誰かの隣に座ったり立ったりしながら業務を行うことが、次第に減りつつあります。画面共有により、企業と金融機関も同様に利便性が増しましたが、それに伴い、回線速度が遅くなり、安全性が低下しています。 Eltropyでは、デジタル革命の最前線に立つ方法を常に模索しています。そして、コブラウジングにその価値を置いています。

コブラウジングは画面共有の一種ですが、ほとんどすべての意味において画面共有より優れています。コブラウジングを使用すると、お客様とオペレーターのブラウザー画面を同期させ、オペレーターがお客様の閲覧しているページを遠隔操作しながら案内を行ったり、入力支援をすることができます。コブラウジングは、従来の画面共有よりもはるかに少ないラグで、より迅速な方法であり、どちらの当事者からのエラーも軽減するのに大いに役立ちます。お客様がどこをクリックすればよいかわからず、オペレーターが制御するのに苦労している日々は、コブラウジングによって解決することができます。

Eltropyのコブラウジングツールは、すべてのオムニチャネル製品にシームレスに統合され、コブラウジングの能力を最大限に発揮します。お客様とオペレーターは、テキストを送信し合い、共同閲覧できます。ユーザーがシステムを使うことに不慣れな場合であっても、また外部ソフトウェアをダウンロードしなくても、簡単なビデオ通話を組み込むことで、お客様とのコミュニケーションができます。

セキュリティはあらゆる金融機関の柱であり、画面共有はまさにそれを保証します。 コブラウジングは、ユーザーのフルデスクトップではなくブラウザのみを共有し、ユーザーのデバイスの安全性とプライバシーを確保します。さらに、コブラウジングは、第三者のアプリケーションをダウンロードすることなく、選択したユーザーのブラウザで直接機能します。

デジタルインタラクションは増加傾向にあります。したがって、金融機関はこの変化に対応できるよう準備を進めることが最も重要です。コブラウジングは、画面共有のより直感的で、より安全な方法であるため、ほとんどのウェブインタラクションの定番となることが予想されます。コブラウジングが金融機関のデジタルアプローチをどのように刷新できるかについて、詳しくは、今すぐEltropyのデモをリクエストしてください。

※この文章の一部は、グローバルサイトのブログ記事を、日本市場向けに、加筆修正しています。

Scroll to Top